NEWS

匂い×エンタメ👃 嗅覚をアップデートして、匂いをもっと楽しむ‼

匂い×エンタメ👃 嗅覚をアップデートして、匂いをもっと楽しむ‼

投稿者:松本ジャック

『◯◯にエンタメを』シリーズでは、様々なことにエンタメ(エンターテイメント)を取り入れ、クリエイティブに楽しもうとしている人や活動を紹介しています。

アミューズライターの松本ジャックです。

◯◯にエンタメをシリーズ、今回は「匂い」をテーマに取り上げたいと思います!

前回の私の記事『暗闇×エンタメ 暗闇の中での楽しみ方をもっと楽しくアップデート』と合わせて読んでいただけると嬉しいです!

ADVERTISING

嗅覚を楽しむエンターテイメント

松本ジャック:食事をする時も、自然を楽しんでいる時も、私たちは無意識に「嗅覚」を使っています。もし鼻をつまんでいたら、多くのエンタメの魅力が半減してしまうでしょう。それだけ重要な嗅覚ですが、匂いをメインにしたエンタメはあまり聞きませんよね。

エリカ:たしかに聞かないですね。匂いを嗅ぎに行く、という発想がないですもんね。

松本ジャック:そこで今回は匂い、「嗅覚」に特化したエンタメを探していきたいと思います。

エリカ:匂いかあ……ちょっと変態チックになりそうなテーマだけど、大丈夫ですか?😂

松本ジャック:一定のラインは超えないようにご紹介するので、ご安心ください!(笑)

本の魅力は匂いにある?「本を嗅ぐ会」

画像は鎌倉経済新聞より引用

松本ジャック:鎌倉の会員制図書室「かまくら駅前蔵書室」で開催された、「本を嗅ぐ会」の模様です。本屋さんや古書店に入ったときの、本の匂いって独特ですよね。参加者からは「甘い」「まろやか」「堅い」「セクシー」「熟成されている」などの感想が集まったようです。(笑)

エリカ:な、なるほど……(いきなりレベルが高いわ)😅

松本ジャック:ここで試しに、ちょっと手元にある本の匂いを、何冊か嗅いでみてくれませんか?

エリカ:えっ、私がやるの!?😓

〜読書(?)中〜

松本ジャック:どうでした?本によって違いとかありますか?

エリカ:うーん、新しい本は爽やかっぽくて、古い本は木の匂いが強いような気がしますけど……

松本ジャック:いいですね!そんな感じで、たくさんの本を嗅いで行けば、いつか理想の本に会えるかもしれません。

エリカ:香木じゃあるまいし……って突っ込もうかと思ったけど、実際に香木みたいなものなのかな?? そう考えると、おかしなものでもない気がしてきた。(笑)

松本ジャック:本の匂いの魅力、エリカさんにも伝わったようですね!好きな匂いの本を探すときは、お店の人に迷惑をかけないようにしましょう。

エリカ:しないですよ!思いっきり怪しい人だから!😂

全国へ様々なにおいを届けるイベント「におい展」

(画像はにおい展公式サイトより引用)

松本ジャック:「におい展」は世界の様々な「におい」を集めた人気イベントで、全国各地で開催をされてきました。世界一臭いと言われる缶詰『シュールストレミング』に、ドリアン、くさやといったメジャーな「におい」のほか、足の匂いやストレス臭までもが再現されています

エリカ:怖いもの見たさ……じゃなくて、怖いもの嗅ぎたさですね!(笑)

松本ジャック:話に聞いたことはありますが、実際に体験する機会はありませんよね。下手をすると、家や部屋が大変なことになってしまいそうですし。

エリカ:人が苦しんでいるのをみるのは楽しいけど、私は体験したくないなあ!🤣

コンサートやライブイベントを香りで演出!「Scenery Scent」

(画像はScenery Scent サイトより )

松本ジャック:Scenery Scent』では、店舗やステージなどを香りで演出しているほか、アニメやゲームのキャラクターの香りを再現する「バーチャルフレグランス」の開発を行なっています。

エリカ:おお、すごい!まさに匂いとエンタメを結びつけるサービスですね!

松本ジャック:代表の郡香苗さんは、10年以上アロマセラピストとして活動をされていました。イベントで香りを演出するようになってことがきっかけで、2019年に法人を設立されたとのことです。

エリカ:香りのプロが演出するステージ、どんなものなのか気になりますね!

どこでも香りをプロモーション「かおるくん」

画像は商品サイトより

松本ジャック:お客さんの購買意欲を、匂いを発生させることで刺激しようという装置「かおるくん」です。なんだかこの装置、楽しく使えそうな気がしませんか?

エリカ:毎日うなぎの匂いを発生させて、「あの家って今日もうなぎなの?なんてリッチなのかしら」とか思わせられるね!(笑)

松本ジャック:アロマなどの発生装置は見かけますが、食べ物に特化しているのが面白いですよね。私も意識したことがありませんでしたが、スーパーなどで利用されているのかもしれません。🤔

エリカ:私も今度から気をつけて探してみることにします。匂いに釣られて買うのは、なんだか悔しい気もしますし。

松本ジャック:そこで張り合う必要はないと思いますが。(笑)

エリカ:「かおるくん」を使ったドッキリとか面白そう。トイレに仕掛けて、焼肉の香りでいっぱいにしちゃうとか。さらに壁にも焼肉の画像を貼って……。

松本ジャック:どれだけ焼肉を食べさせたいんですか。(笑)

エリカ:チラシや広告を貼るのに、広告料を払うじゃないですか?だったら匂いの権利も借りてしまえば、プロモーションも強くなると思うんですよね。(笑)

松本ジャック:匂いを使った広告空間ですか。その発想は何気に面白いですね。

匂いとエンタメの未来を考える

松本ジャック:「味覚の9割は匂いによるもの」と言われるほどに、嗅覚が人間に与える影響は大きいものです。今後も様々な場所で、匂いによるエンタメの演出が広がっていくことでしょう。

エリカ:任意のタイミングで、指定した匂いを相手に届けることができれば、映画やゲームがもっと面白くなりそうですよね!VRでホラーゲームをやりながら、実際に血の匂いとかしたらすごくないですか?

松本ジャック:そ、それはちょっと怖すぎます……。😅 もっとお花畑的な、明るい感じで使いましょう!

エリカ:「かおるくん」で思ったけど、匂いをつけるだけの家庭用の香料とかも面白いと思いました。うなぎの美味しそうな匂いを、2〜3倍にしてくれるとか。

松本ジャック:匂いが強くなれば、より美味しくなるという発想ですね。なかなか興味深いです。

エリカ:香水を使うのだって、相手に良い印象を与えたいからだし、それなら食べ物にも使っていいですよね。ご飯にシュッとスプレーをすれば、うなぎの匂いがするご飯に!

松本ジャック:オードリー春日さんのダクト飯じゃないんですから。(笑)

エリカ:あとは『Scenery Scent』の郡さんのように、香りを演出する人の活躍場所が増えてくることに期待したいですよね。😄

松本ジャック:そうですね。匂いとエンタメがセットになることで、さらに面白さが広がっていくと思います!

以上、「匂い×エンタメ」をテーマにお送りさせていただきました!

〈過去のシリーズ記事はこちら〉

睡眠×エンタメ   睡眠をアップデートしてより楽しい毎日を😪
トイレ×エンタメ 毎日のトイレをもっと楽しくアップデート🚻
掃除×エンタメ 毎日の掃除をもっと楽しくアップデート🧹
お風呂×エンタメ 毎日のお風呂をもっと楽しくアップデートしよう🛀
雨×エンタメ 雨の日の楽しみ方をもっとアップデートしよう‼
自宅×エンタメ 自宅での楽しみ方をもっとアップデートしよう‼🏠
暗闇×エンタメ 暗闇の中での楽しみ方をもっと楽しくアップデート!💡
植物×エンタメ 植物の楽しみ方をアップデート‼🌵
時間×エンタメ 時間への考えを深めて、人生をもっと楽しく‼

お茶×エンタメ お茶の楽しみ方をもっとアップデート‼🍵

この記事をシェアする

関連する記事