NEWS

コロナ別れをストップ!同棲カップルや夫婦のコロナ別れの原因と対策💑

コロナ別れをストップ!同棲カップルや夫婦のコロナ別れの原因と対策💑

投稿者:キャサリン☆

こんにちは、ライターのキャサリンです。

新型コロナの影響により問題になっている「コロナ別れ」ですが、その後もその数は減る事なく、増える一方の様です。今回は夫婦のコロナ離婚や同棲カップルのコロナ別れについて、その原因と対策について考えてみたいと思います。

同棲カップルや夫婦生活を脅かすコロナ別れ&コロナ離婚とは?

▽コロナウィルスの影響で別れてしまうカップルや夫婦が急増

世間を騒がせているコロナウィルスですがそのコロナウィルスの影響で同棲カップルや夫婦生活に多大な問題が起きているのをご存知ですか?今、「コロナ離婚」や「コロナ別れ」が急増しているんです。

▽どうしてコロナが別れや離婚につながってしまうのか

では、新型コロナで厳しいこの時期に助け合うのではなくコロナ離婚やコロナ別れがなぜ起きてしまうのでしょうか? 二人にとって深刻な問題になる前にコロナ離婚やコロナ別れの対策をとる必要があります。

夫婦や同棲カップルがコロナ別れやコロナ離婚に陥ってしまう理由

▽パートナーと同じ空間にいる時間が極端に増えた

いくら好きな相手でも、同じ空間にいる時間が長くなればすれ違いや衝突が起きやすくなります。これは熟年離婚の典型的な問題と似ていて、夫婦とはいえ、それぞれが築いたコミュニティや生活のリズムがあります。相手のコミュニティにどちらかが侵入することにより普段感じないストレスが増加してしまう事が原因の一つとして挙げられます。

今まではしなくてもよかった家事が増えた

これは主婦または主夫の方に多い問題ですが、普段家にいない人間が在宅勤務や休暇などで長時間家にいることで必要以上の家事負担が出てしまうストレスが蓄積されてしまうというものです。自分一人ならしなくてよかった家事が増えれば不満が出てしまう事はあります。

▽仕事が休みだからとニートのような生活をする

普段おうちで家事をしている人は基本的に休みがありません。家事だって立派な「仕事」です。普段は相手が仕事だからと家事を担っていた人も、相手が休みなのに全く何もしてくれないとなれば不満を感じてしまう事になります。

▽自分の仕事に集中出来ない

小さいお子さんがいたり、パートナーが在宅していることによって仕事に集中できないという問題もコロナ離婚やコロナ別れにつながる一つの原因となっています。自分の時間が取れないというのはお互いにとって相当な負担となってしまいます。

▽コロナ対策についてお互いの意見が一致しない

新型コロナウィルスが流行しても尚、具体的な対策をしない人も多くいます。その考え方は様々ですが、そもそもの発端となっているコロナウィルスへの対策の方向性で意見が大きく食い違ってしまい、そこから問題に発展してしまうというケースも多くある様です。

▽問題が起きても話し合うことをしない

これだけ大きな変化があれば、様々な問題が生じ、すれ違いや衝突が起きるのはある意味当然です。今は日々の生活を乗り切るので精一杯という事もあるかと思いますが、その問題に対してお互いにいつまでも話し合う時間を設けずに、そのままにしておくというのでは不安は募る一方です。

▽子持ち夫婦ならではの問題! 家にいるのに全く育児をしない

在宅勤務や休業などで夫が自宅にいるにもかかわらず全く育児に参加しないという問題も起きているようです。時間的にある程度余裕があるにもかかわらず、育児に協力的でなければ不満が蓄積されるのは当たり前です。

▽お金のやりくりに口は出すけれど手は出さない

今回のコロナ騒動で、どこの家庭もお金の問題には本当にシビアになっています。一般家庭であれば当然お金のやりくりに多少の不安を抱えているはずです。その時にパートナーが口だけ出して収入面での問題を一緒に考えてくれなければ、大事なお金の問題だけに不安になってしまいます。

夫婦のコロナ離婚や同棲カップルのコロナ別れを防ぐための対策

▽相手のことを十分思いやって自分にできることを探す

コロナ別れやコロナ離婚を防ぐためには、相手を思いやる心をいつも以上に忘れないようにしましょう。今は口に出さないだけで誰しも不安な気持ちを抱えています。思いやりを忘れず自分にできることを探してパートナーに働きかけましょう。

▽コロナを不用意に怖がるのではなく必要な対策などをしっかりと話し合う

コロナを不用意に怖がる必要はありません。夫婦や同棲カップルでしっかりと話し合い、対策方法を一緒に考えていきましょう。大変な時だからこそ、しっかりと話し合う必要があります。

▽借り入れや給付金など利用できる手続きについて調べる

新型コロナ流行に伴って行政機関で利用することが可能な手続きも増えています。お金の問題で壁にぶつかった時は自分がどのような支援を受けることが可能なのか調べましょう。その際にパートナーへの報連相も必須項目です。

▽簡単だけれど一番大事!自分のことはなるべく自分でやる

簡単なことなのに以外と難しいのが「自分のことは自分でやる」ということです。夫婦やカップルとはいえ、仕事や家族の問題など、お互いそれぞれが抱えているの事情はあります。相手のコミュニティーに入りすぎてしまってストレスを与えないためにも、なるべく自分のことは自分でやるように心掛けましょう。

コロナ離婚やコロナ別れを防止するためにはパートナーとの話し合いは避けては通れない道です。お互いの意見をしっかりと交換して、大変な時だからこそ支え合える関係を築き上げていきましょう。

もうこれ以上、「コロナ別れ」「コロナ離婚」というものが増えませんように、少しでも参考にして頂ければと思います。😄

投稿者:キャサリン:(チームアミューズ ライター)

この記事をシェアする

関連する記事