究極の朝飯エンタメ!世界の朝ごはんが楽しめるワールド・ブレックファスト・オールデイの新店舗がオープン🍳

究極の朝飯エンタメ!世界の朝ごはんが楽しめるワールド・ブレックファスト・オールデイの新店舗がオープン🍳

投稿者:Yoshioka Shiori

コロナ禍により以前より世界各地との直接的な交流の機会は少なくなったかもしれませんが、間違いなく世界は繋がっています。そして、遠く離れた地域の人や文化を最もよく知ることが出来るものとして「食」があります。

その中でも、ある意味その土地の人々の暮らしを最も表しているのは朝食なのではないでしょうか。そんな世界各地の朝食を味わうことができるカフェレストラン「ワールド・ブレックファスト・オールデイ(WORLD BREAKFAST ALLDAY)」の新店舗が先月3月9日に東京銀座にオープンしました。

ADVERTISING

世界の朝ごはんをコンプリートできる専門店、WORLD BREAKFAST ALLDAY(ワールド・ブレックファスト・オールデイ)

ワールド・ブレックファスト・オールデイ

ワールド・ブレックファスト・オールデイは、朝ごはんを通して世界を知るというコンセプトをもとに世界各地の朝ごはんを提供しているお店です。

あまり手間をかけずに、その日1日のエネルギーを補充する朝ごはんにこそ、その土地の気候風土によって手に入りやすい材料や、人々の生活様式、考え方が現れると言っていいような気がします。

そのため、ワールド・ブレックファスト・オールデイのメニューは特別な料理ではなく現地で普通に食べられているものを提供するというのが基本になっていて、大使館や政府観光局、航空会社、また現地出身の方が参加してそれぞれのメニューが考えられているそうです。

王道朝ごはんからマニアックなものも!?WORLD BREAKFAST ALLDAY(ワールド・ブレックファスト・オールデイ)のメニューの数々🥞

ワールド・ブレックファスト・オールデイ
ワールド・ブレックファスト・オールデイ

メニューは2ヶ月ごとに変わる世界各地の朝食メニューとレギュラーメニューからなりますが、4月・5月はブルガリアの朝ごはんとなっています。

気になる中身はブルガリア料理には欠かせない白チーズ「シレネ」とほうれん草をフィロ生地で巻き込んで焼いた「パニツァ」やヨーグルトを混ぜ込んだ揚げパン「メキツィ」に、シレネと生野菜とサラミにローズジャム入りのヨーグルトがついたワンプレートとなっています。他にも家庭料理的な一品やデザート、ドリンクも紹介されています。

そして、レギュラーメニューとしては、イギリス、アメリカ、台湾の朝ご飯などが用意されています。また、ケータリングやオンラインショッピングも楽しめるようになっていますので、そちらの方も覗いてみてくださいね。

そんな世界の朝ごはんが楽しめるワールド・ブレックファスト・オールデイ銀座店は、2022年3月9日にマロニエ通りと昭和通りが交差する東銀座エリアにオープンしました。これで外苑前店と吉祥寺店と併せた3店舗での営業ということになります。営業時間は朝7時半~20時となっていますが、コロナ禍による営業悲観の変更・短縮の可能性もある様ですので伺う際には事前に確認した方が良いかと思います。

国内でも海外でも旅行に行くと何故か朝から食べ過ぎてしまいますよね。ワールド・ブレックファスト・オールデイで味わえるのは、特別な朝ごはんではなく現地の普通の朝ごはんですが、そこにこそ現地の人の知恵が詰まっているような気がします。コロナ禍によりなかなか海外旅行などに行くのは難しくなっていますが、せめて東京で味わえる美味しい朝ごはんを通して世界と繋がってみるのもいいかもしれません。♪🍳

【WORLD BREAKFAST ALLDAY】
https://www.world-breakfast-allday.com/

この記事をシェアする

関連する記事