COLUMN

『現実ではできない生き方を追体験!』みゃあの映画部屋♡

『現実ではできない生き方を追体験!』みゃあの映画部屋♡

投稿者:みゃあ

この前タピオカ飲む為に列に並びました♡

サービスなんですかね、お姉さんがカップに絵を描いてくださって、それがかわいくって、一緒に並んだ友人たちとキャーってなっちゃいましたよ。

それとね、ここだけの話、タピオカって

芋なんだって!

知ってました?

……という訳で、いきなり脱線しまくりましたが、ライターのみゃあです。

よろしくです♡

今日のオススメ映画は…

「ファイト・クラブ」

多少ネタバレしちゃうので、ネタバレ嫌な人は読まないでね♡

という訳で本題に入りますが……本作は筋書からして既に魅力的。

一流家具や洋服で虚栄心を満たし、物質的に満たされた生活を送っていた主人公「僕」は、その一方で精神的に満たされず、不眠に陥っていた。そんな中、己とは真逆の人間「タイラー」と出会い、彼の欲望的で自由な生き方に触れることで価値観を塗り替えていく物語

ドキドキですよね。

で、感想を一言で言うと…。

タイラー(ブラッド・ピット)がめぇぇえええええっちゃカッケッエェエエエエエエエエッ!!!!

もうホントね、それに尽きます。一声目で出てくるのはそれしかない。

ライターなのにそんな小並感(小学生並みの感想)でいいのかって? いいんですよ!

何故なら、それこそが「この物語の真骨頂」なのです。

どういうことかって?

イチから説明しますね。

この物語に出てくる主人公「僕」は、私たちに近い存在なんです。

「物」に囲まれているものの「精神的に満たされていない」というポッカリ空いた気持ち、実は誰もが持ったことがあるのではないでしょうか。

だから、私たちは「僕」に共感しちゃいますし、同時に「僕」と同じように、

タイラーという欲望に素直な生き方に憧れ、目が離せなくなります。

勿論、キャラクターだけでなく、脚本も優秀です。

ラストなんかは、ハリウッド的なセオリーの作り方を知った上で、それをぶち壊そうとする意気込みを感じて笑いが止まらなかったですし、中盤からのミステリー要素にも強く惹きつけられました。

でも、一番の魅力はタイラーという強烈なキャラクターに触れることで、欲望に素直な生き方を追体験することだと思うのです。

できちゃいます。すごい体験。

そしてだからこそ、この映画において、タイラーというキャラクターが魅力的であることが非常に重要なのです。

「興味はあるけどこんな生き方絶対できないよね!」

――を是非ともその体で追体験しちゃってください。

ホクホクお芋の完成よん♡

★今日のまとめ

タピオカは芋

ライタープロフィール:みゃあ(46)
エンタメ業界で働く愛の伝道師。主な趣味はアニメ鑑賞・読書・漫画を読むことだが、最近は洋画の良さにも目覚めた。洋画初心者ではあるものの、いつの日か洋画の伝道師にもなろうとしている。好きなアニメはヴァイオレット・エヴァーガーデン。

投稿者:みゃあ(チームアミューズ ライター)

この記事をシェアする

関連する記事