COLUMN

「テレビ離れ」から戻ってきて、思ったこと。📺

「テレビ離れ」から戻ってきて、思ったこと。📺

投稿者:Jiro Matsushita

こんにちは、ライターのジローです。

いつからテレビを見なくなったのか、どうして見ないのかなんて、そんな理由すら思い出せないほどテレビから離れていましたが、新型コロナで自宅にいる時間が長くなり、最近はテレビ番組を見る機会が増えてきました。

私と同じように、久しぶりに長い時間テレビを見たという人も多いのではないでしょうか?

この自粛期間中に改めて新鮮な気分でテレビ番組を見ていると、クオリティの高さに驚かされました。生放送でありながら、簡潔にまとめられた原稿をスムーズに読み上げるアナウンサー、見やすくまとめられたテロップやデザインに、テンポよく聞かせるためのBGMや効果音、ふんだんに使用される動画やインタビュー映像など、YouTubeやネット番組ではとても実現できないクオリティです。

新型コロナの対策で盛り上がる情報番組でも、様々な経歴や立場の人間が集まって、LIVE感のある雰囲気で激論をぶつけ合っていて、ついそのまま見てしまう迫力がありました。私は寝転がってテレビを見ながら、そう言えば「どうしてテレビから離れたんだっけ?」と不思議に思ってしまいました。

「テレビ離れ」をした理由を思い出す🤔

しばらくテレビから離れていたことで、テレビのクオリティの高さを認識した私ですが、数日も経つと「テレビ離れをした理由」を思い出してきました。それは「テレビで流れる情報の大半が自分にとって興味のないこと」という、元も子もないものでした。

インターネットに慣れてしまうと、自分が欲しい情報だけを選んで得ることができますよね。それが健全だということではありませんが、情報やエンターテイメントしての需要と供給で考えれば、「その効率の良さ」は比較になりません。

たしかにテレビの演出の技術はすごくて、同じテーマで番組を制作したら、どんなユーチューバーでも実際はなかなかテレビには敵わないでしょう。ですが、その力を持ってしても、視聴者が興味のないことを楽しませるということは難しいということかもしれません。

テレビをもっと面白くする方法は?

正直、テレビはもう十分に面白いと思います。

私たちがテレビを面白くないと感じるのなら、それは「興味を持てない話題」であったか、「テレビの演出(タレント含め)に飽きてしまった」ということなどが主な原因として挙げられると思います。よくネットと比較して、テレビを面白くないと批判する人がいますが、それはまったくのお門違いでしょう。

最近、You tubeなどでは、テレビで活躍をしている芸能人の参加が増えて、アマチュアとはレベルの違うトークの面白さで人気を集めています。同じように動画や企画のクオリティについても、もしTV業界の人たちが本気で集まってきたら、とても相手になりません。

テレビ:興味を持っていない人にも楽しんでもらうためのエンターテイメント

ネット:興味を持っている人だけを楽しませられればいいエンターテイメント

このように比較をすれば、テレビがどれだけ難しいことに挑んでいるのかが分かると思います。私もライターとして記事を書いていますが、テーマに興味を持っていない人を楽しませる自信は正直なかなかありません。そもそも興味のない人は、タイトルに目を通すだけで、記事の中身なんて読んでくれませんよね?

その点、テレビであれば、ある程度は視聴者を拘束できますので、工夫を凝らした演出やタレントを起用することで、視聴者に興味を持たせることが出来ます。興味を持ってもらうためのエンターテイメントとしては、テレビはネットよりはるかに強い力を持っていて、それは今後も変わらないと思います。

もしテレビが傾くとすれば、演出やデザインを手がけるクリエイターやタレントを軽視して、優秀な人材をインターネットに流出させてしまうことでしょうか。

テレビの今後に期待をしながら、本日もStayhomeを心掛け自宅でゴロリと寝そべりながらテレビと向かい合っている、ジローでした。😎

投稿者:Jiro Matsushita(チームアミューズ ライター)

この記事をシェアする

関連する記事