NEWS

肝試しならぬ、感性試しに!カオスな世界の極み『まぼろし博覧会』

肝試しならぬ、感性試しに!カオスな世界の極み『まぼろし博覧会』

投稿者:松本ジャック

松本ジャック:こんにちは、ライターの松本ジャックです。 
世間では緊急事態宣言も解除され、少しばかり移動の制限が緩和された事により、近場にお出かけを検討している人も多くなってきている様です。

ゆりやん:まだコロナの件も油断できない状況ですし中々難しいですけど、最近はもう暖かくなってきたので、行けるなら海とか行きたいですね~。都内から近場の海だと、伊豆とかいいですよね。温泉施設とかもあるし。💡

松本ジャック:伊豆の海いいですね~。 それに、伊豆といえば「テディベアミュージアム」や「伊豆オルゴール館」、「まぼろし博覧会」など、様々な博物館や美術館があって面白いですからね。

ゆりやん:うんうん、テディベアミュージアムあるよね、あと伊豆オルゴール館に、まぼろしはくらん、、、? ちょっと、最後のやつなに??

松本ジャック:ええ! 伊豆の隠れた名所、まぼろし博覧会を知らないのですか!?

ゆりやん:だからどこよそれ!(笑)

松本ジャック:仕方ないですね、では紹介させて頂きましょう!

ADVERTISING

刺激強すぎ要注意!? 伊豆の超マニアなスポット『まぼろし博覧会』

ゆりやん:で、そこは簡単に言うと何が見られる博物館なの? 🤔

松本ジャック:まずは、能書きを言うより見て頂いたほうが早いでしょう。こちらが「まぼろし博覧会」の展示作品の一部になります。

ゆりやん:え、、、

ゆりやん:いや、ちょっっと…

ゆりやん:な、なんじゃこりゃぁぁぁぁ!!!!( ゚Д゚)

松本ジャック:そうなんです。これが「何か」などと説明する事自体がナンセンス!
こちらまぼろし博覧会は、静岡県伊東市の伊豆高原にある、キモ可愛いをコンセプトにした夢のパラダイス。(公式HPより) その敷地面積はと東京ドームのグラウンドと同じ広さ程との事で、広い敷地の中にテーマ別に展示スペースが分かれており、その中で様々な作品?展示物?を観る事ができるんです!

ゆりやん:まさにカオスの極みじゃないですか!こんなものが実際にあるなんて、なんか想像できない…。🤣

松本ジャック:私はたまたまですが、友人と車でこのあたりを通りかかったところ、もの凄いインパクトのある光景が目に入ってきたので、思わずUターンして突撃したんですよ。入口ですでにこんな感じですからね。(笑)

ゆりやん:雰囲気が独特すぎる! これは速攻で入るか、もの凄い勢いで逃げるかのどっちかだね。😂
でもさすが、そこはライター魂で突撃したわけですね!

松本ジャック:もう一か八かの気持ちでしたけどね。(笑) 実際館内に入ったあともしばらくは頭が???の状態でしたし…😂 こんな感じの展示物↓がそこらじゅうに並んでいて、最初は正直言って頭がパニック状態でしたよ。

(画像は公式HPより)

ゆりやん:いやー、やっぱりこれは常人の私にはなかなか理解のできない世界だ。感性が全然追いつかないよ。😅

松本ジャック:私も最後まで理解はできませんでしたが、展示品を見ている最中は自身の感性が、めちゃめちゃにかき回されている様な刺激を受けました。ほんとにそういった意味ではそこらの美術館や博物館の作品を見に行った時よりも、全く退屈しないですし面白いんではないかと思います。💡

ゆりやん:へー面白いですね! 確かに、本来アートなんかって、あれこれ考えてみるのではなくて「見たままをどう感じるか」っていうのが大事なところもありますもんね。現代アートとかって、そういう意味では深すぎてちょっと分かりずらいものが多かったりするけど、ここの展示品はもう、超がつく程のストレートで「見たままを感じろー!!」って感じの作品が多いみたいでほんと面白そうですよね。😂

松本ジャック:まさにその通りなんです! あれこれ考えてみてまわるのではなく、自然と見てまわっていれば自身の感性が反応し足が止まる。その繰り返しを楽しめるのが「まぼろし博覧会」なのです!

ゆりやん:なんだか、だんだん魅力に引き込まれてきたかも…(笑)

松本ジャック:ちなみに、こちらがまぼろし博覧会の館長セーラちゃんです!

(画像は公式HPより)

ゆりやん:なるほど…そりゃあこれくらいの感性の持ち主じゃないと、この世界観は生み出せないよね。納得です。😌 (やたらガタイがいいのはなぜだ…) 

松本ジャック:以下のページから一部の展示作品がご覧になれますので、興味のある方は覗いてみてくださいね。※刺激の強い作品も多々ありますので、あしからず! 🗿

密林にたたずむ大仏と古代文明

昭和の時代を通り抜け

魔界神社 祭礼のゆうべ

悪酔い横町(未確認生物)

外観、外回りの展示など

特別ブース (エスパー伊東、R指定、世直し王様、ストロベリーオーケストラ)

まぼろし島

メルヘンランド

メモリアル「元祖国際秘宝館」

自身の未知なる感性を発見しよう!

ゆりやん:いや~、すごいものを見させて頂きました!

松本ジャック:伊豆の海から話題が飛んでしまって申し訳なかったですが、冒頭でもご紹介させて頂きました様に、伊豆の周辺エリアには魅力的な美術館や博物館が多くありますが、実は今回ご紹介させて頂いた、まぼろし博覧会の様に一風変わった美術館や博物館がある事でも有名なんです。

ゆりやん:へー、それは知らなかったです。伊豆は何度か行った事ありましたけど、全然そんなイメージないですもん。🤔

松本ジャック:実際にこの伊豆の珍スポットを目的に観光に行く方もいらっしゃる様で、この周辺エリアの一つの名物にもなっているんですね。💡

B級感がハンパない!怖いもの見たさで行きたい伊豆の珍スポット6選

伊豆にやたらと密集している変わった博物館5選

ゆりやん:ほんとだー!(笑) 結構色々あるんですね、しかもこの怪しい少年少女博物館とかって、今回紹介した、まぼろし博覧会の系列じゃないですか!🤣

松本ジャック:まだまだ紹介しきれないくらいで、この他にも伊豆周辺エリアにはユニークな展示を行っている博物館や美術館がたくさんあります。伊豆で海や温泉を楽しむのも、もちろんいいですが、少し旅に刺激を加えたいという方は伊豆に足を運んだ際には是非この珍スポットの事を思い出して頂ければと思います。

ゆりやん:いいかも知れないですね! 伊豆のB級スポット巡りで刺激を受けまくって疲れ果ててからの、その後で温泉で癒されるとか! 新しい伊豆の楽しみ方になるかも。(笑)

松本ジャック:感性が超刺激される伊豆の奇妙な珍スポットで、肝試しならぬ、あなたの「感性試し」をしてみてはいかがでしょうか。😎

〈まぼろし博覧会〉

営業時間
春分の日(3月)~秋分の日(9月)AM9:30~PM17:30  8月AM9:00~PM17:30
上記以外の日 AM9:30~PM17:00 ※ご入場は閉館の30分前まで。年中無休。
入場料金
大人1200円:小中学生600円 ※特別料金 障がい者手帳の提示でご本人は半額、同伴者は100円引 ※坂や階段があるため車 椅子の介護者は2名必要です。
お問い合わせ
0557-51-1127
所在地】〒413-0231 伊東市富戸梅木平1310-1

【公式HP】
http://maboroshi.pandora.nu/index.html

この記事をシェアする

関連する記事