NEWS

半沢ロスになった時に観る!「スカッとする」超気分爽快な映画&ドラマ8選

半沢ロスになった時に観る!「スカッとする」超気分爽快な映画&ドラマ8選

投稿者:松本ジャック

こんにちは、ライターの松本ジャックです。

最近話題のドラマ半沢直樹、皆さんも毎週日曜日の夜を楽しみに過ごされている事かと思いますが、いよいよ今週9月27日の日曜日に最終回を迎える事になっています。

どんな結末を迎えるのか、今から大変楽しみなところではありますが、一方で最終回を迎えた後の「半沢ロス」に多くの人が見舞われる事なるだろうとも既に言われています。

しかし、世の中には半沢直樹以外にもスカッと気持ちよくなる様な爽快な映画やドラマ作品が多くあります。今回は、そんな来たる半沢ロスを迎えた時の為に観る、気分爽快なスカッとするドラマ・映画作品をご紹介させて頂きます!

※以下、本記事の内容には一部作品のネタバレが含まれますのでご注意下さい。

ADVERTISING

半沢だけじゃない!気分爽快!スカッとする映画&ドラマ作品8選

Revenge

「Revenge(リベンジ)」は、アメリカで放送された人気ドラマシリーズです。このドラマは主人公のエミリー・ソーンが幼少期に大好きだった父親が裏切られ、飛行機テロの罪を被せられて刑務所に入って死んでしまった事を恨み、名前を変えて父親を貶めたグレイソン家に近づいて復讐を果たしていく姿が描かれています。

【スカッとポイント💡】
主人公のエミリー・ソーンが素性を変えて、グレイソン家の跡取り息子のダニエルと恋仲になってグレイソン家の中に入って行って、色んな復讐を遂げて行く姿にはハラハラドキドキしますが、スカッとするシーンも多くあります。またグレイソン家は超大金持ちなので、リッチな生活ぶりが見れるのは興味深いですし、そんなリッチな生活ぶりを脅かすエミリーの復讐劇にはスカッとさせられます!

梨泰院クラス

「梨泰院クラス(イテウォンクラス)」は今年、Netflixでとても話題をなった韓国のドラマ作品です。

まさに「韓国版半沢直樹」ともいえる壮大な復讐劇は見どころ満載。高校を中退し、ある事をきっかけに殺人未遂の前科を持つ事となってしまった主人公のセロイが、韓国有数の繁華街である梨泰院で小さな居酒屋を始め、主人公とその父親を陥れた韓国一の大手飲食企業「長家グループ」に立ち向かい、ビジネスで成りあがっていく物語を描いています。

不平等な世界で生きるセロイと、彼に心を動かされるヒロインを始めとした、様々な魅力的な登場人物によりつくられたスピード感のあるストーリー展開は、半沢直樹を彷彿させるスカッと感があります!

【スカッとポイント💡】
・苦しくなる程の不平等な立場からの大逆転劇
・あらゆる理不尽にも信念を貫く主人公のキャラクター
・主人公をささえるヒロイン、周囲の人間が抱えるそれぞれの物語

LIAR GAME

LIAR GAMEは2007年に初回が放送され、その後も各シリーズが日本で大人気となった、ドキドキハラハラの騙し合いのストーリードラマです。主人公の神崎直が参加した「LIAR GAME」では他のプレイヤーらを騙すことが許されており、その中でお金の奪い合いをしていきます。直はどちらかと言えば騙される方が多いのですが、元詐欺師である秋山の力を借り、他のプレイヤーをギャフンと言わせる形で最終的には騙し返していくストーリーが爽快となっています!

【スカッとポイント💡】
LIAR GAMEでは他人を騙すことに躊躇がなく、毎回悪びれる様子もなく平気で罠にはめていく様なキャラクターが多く登場します。そんなキャラクター達が逆に騙される姿には、思わずガッツポーズが出てしまい、スカッとする事間違いなしです!

プラダを着た悪魔

大学を卒業し、ジャーナリストになりたいという夢を持つアンドレアはニューヨークにやってきます。数々の履歴書を送り、連絡が来た仕事は有名ファッション雑誌の編集長ミランダのアシスタントでした。カリスマ編集長のミランダは、アンドレアの洒落っ気のなさに呆れますが、そのやる気を買うことにしました。横暴なミランダの指示に苦戦しつつも、成長しながら劇的に美しくなるアンドレアとそれを認める周りの人々、そして最後にはあのミランダすらもが…!?

【スカッとポイント💡】
・冴えない見た目の主人公が織りなす下克上ストーリー
・鬼編集長の数々の意地悪に対する爽快な逆転劇

黄金の豚-会計検査庁 特別調査課

「黄金の豚」は2010年に日本(日本テレビ)で放送されたドラマシリーズで、実際の会計検査院がモデルの会計検査庁の調査官たちが、様々な官公庁内の不正を暴き出し、正していくという話です。国民の税金を私的に使用している様な悪者が多く登場し、あれこれと策を弄しますが、それらが暴かれて何の言い訳もできなくなっていく姿にカタルシスを感じる事ができる作品となっており、当時スカッとドラマとして人気となりました。

【スカッとポイント💡】
主に会計検査庁の調査官より立場が上の人間が相手なので、不正がバレたと分かると圧力を掛けるような場面が多々登場しますが、それを物ともせずに立ち向かう姿は半沢直樹によく似ています。動かぬ証拠を突きつけられ、悪者たちが何も言えなくなってしまったり、見苦しい言い訳を始めるシーンはスカッとする事、間違いないでしょう!

ワイルド・ストーム


舞台はアメリカ。武装集団が巨大ハリケーンの襲来に乗じて、財務省所管の紙幣処理施設から古い紙幣6億ドルを強奪しようとしていました。ハリケーン上陸の日、施設のある浜辺の町にはラトリッジ兄弟と施設を管理する財務省の職員ケーシーが取り残されました。3人はハリケーンの被害から逃れつつ、世紀の大犯罪を食い止める事となります。

【スカッとポイント💡】
ハリケーン上陸の日、ラトリッジ兄弟の弟がハリケーンの観測について危険度が高いと周りに主張を続けるも、周りの誰も中々信用せずに話が進んでいってしまいます。そしてついにその時が…これまで馬鹿にして来た人達や武装集団にも、その報いが…!? 思わず、「ざまあみろ!」を言ってしまいたくなる、スカッと映画です!

グレイテスト・ショーマン

2018年に世界でも大ヒットとなった映画作品「グレイテスト・ショーマン」。勤めていた貿易会社の倒産をきっかけに、絶望の淵からショービジネスを立ち上げるという、実在の人物のモデルにしたミュージカル映画です。

特徴的で社会から阻害されて生きてきた人達を世界から集め、独創的なサーカスを立ち上げます。人気を集めると同時に世界から批判され始める一方、彼は大きな成功を手に入れます。しかし、そこで主人公のバーナムは大切なものを失いかけるのです。世間から認められてこなかったサーカスメンバーの見事な成功劇と言える大逆転と、登場人物たちの感情を描いたストーリーには、心を打たれること間違いありません。

【スカッとポイント💡】
・主人公とメンバーによる不条理な世間への大逆転劇
・これまで隠れるように生きてきた劇団メンバーの力強いメッセージ
・豪快なミュージックと演出によるパワー!

ショーシャンクの空に

「ショーシャンクの空に」は1994年にアメリカで公開されアカデミー賞にもノミネートされた不朽の名作です。銀行勤めの主人公アンディは、妻とその恋人を殺した疑いで罪に問われ、無実の罪で終身刑を言い渡され刑務所に入れられてしまいます。そこで出会った長年服役中の先輩レッドに、刑務所では「希望を持ってはいけない」という事を忠告されます。

その後、アンディは銀行勤めで培った能力を活かし、刑務所内でのし上がっていきます。しかし、いくら刑務所内での立場が上がったとしても、終身刑である限り彼の世界は刑務所より広がることはありません。アンディはそれでも努力を続けます。それは彼が、外の世界に戻ることへの希望を忘れていないかったからです。そして時が過ぎ、いよいよアンディの人生を賭けた刑務所脱出劇が実行されるのです!

【スカッとポイント💡】
・無実の罪の主人公の大脱出劇
・希望を忘れずに刑務所でのし上がっていく主人公の信念
・脱獄アクションの爽快感

以上、今回は半沢ロスになった時に観る!スカッとする気分爽快な映画&ドラマ8選をご紹介させて頂きました。

来たるべき「半沢ロス」に備えて、あのスカッとする爽快感を味わいたい!という方は今回ご紹介させて頂いた作品の中でまだ観ていないものがあったら、是非ご覧になってみてはいかがでしょうか?

この記事をシェアする

関連する記事