COLUMN

『結婚式』はエンタメになるのか? 👰

『結婚式』はエンタメになるのか? 👰

投稿者:ラスティー

こんにちは、ライターのラスティーです。

今回はエンタメシリーズ番外編と致しまして、『冠婚葬祭×エンタメをテーマにお送りさせていただきます。

ADVERTISING

「結婚式」はエンターテイメントなのか?

まっきーな:そりゃエンタメでしょう! 一生に一度(原則…)の晴れ舞台なんだから!

ラスティー:たしかに結婚式はエンタメと言えそうですが、それは関係者にとってのエンタメであって、不特定多数と共有できるかというと微妙だと思うんですよね。エンターテイメントの定義は「人々を楽しませる娯楽」ですからね。

「あー、結婚式に行きたいなー」ってなる?

ラスティー:例えば『いつでも誰かの結婚式を見られるチャンネル』があるとして、見たいと思いますか?

まっきーな:他人の結婚式?そんなの見ても仕方ないじゃん 😂

ラスティー:しかし何十万、何百万円もかけている結婚式なのに、楽しめるのが関係者だけではもったいないと思いませんか?

まっきーな:そうは言ってもねー。実際にそんなチャンネルがあったりするの?🤔

ラスティー:私が探した限りでは見つかりませんでした。YouTubeなど、個人で動画を公開している方はいますけどね。

結婚式がエンターテイメントになるために必要なもの

ラスティー:コロナ禍において、結婚式でもLIVE配信サービスが増えてきました。私はこれをキッカケに、結婚式が不特定多数が楽しめるエンターテイメントに成長していく可能性があると思っています 💡

まっきーな:たしかに投げ銭やコメントでのお祝いなんて、新しい感じがするよね 💡

ラスティー:ライブ感を楽しみながら、たくさんの人と幸せを共有出来る場所になれば、『いつでも誰かの結婚式を見られるチャンネル』が誕生してもいいと思うんですよね。

まっきーな:ユーチューバーを中心に、結婚式のライブ配信が人気になって……うん、たしかにあり得るかも知れないですね!

これからの結婚式はどうなる? アンケートを実施

ラスティー:そこで社内外のクリエイター、ライターやスタッフなど約30名に、次の項目で結婚式についてのアンケート調査を行いました。

【①:これまでに参加した結婚式で、退屈に感じてしまった演出は?】

【②:これまでに参加した結婚式で、面白かったと思う演出は?】

【③:これから将来の結婚式であったら面白いと思えるアイデアは?】

ラスティー:結婚式をエンタメとして配信するからには、出来るだけ①の部分を減らして、②や③を増やしていく必要がありますよね。

まっきーな:やめて!話好きの親戚のおじさんの出番がなくなっちゃうじゃん!🤣

アンケート結果①:退屈に感じてしまった演出は?

親戚や関係者による長い内輪話

微妙なクオリティの出し物

キャンドルサービス

まっきーな:許してあげて! やる方も辛いんだから!(笑)

ラスティー:「何度も参加しているとパターンが分かるから退屈」という声も多かった様です 😅

まっきーな:でもまあ、結婚式は儀式的なところもあるから仕方ないよね。

【アンケート結果②:面白かったと思う演出は?】

新郎新婦の生い立ちが分かる動画

プロによる歌や演奏の催し

遠方の人からのライブ配信メッセージ

新郎新婦への一問一答コーナー

テーブル対抗のクイズイベント

まっきーな:これはわかる気がする!

ラスティー:新郎新婦のストーリーが見えて、自分も参加している感のあるイベントは人気のようです。そしてクオリティの高い余興ですね 💡

【アンケート結果③:あったら面白そうな結婚式のアイデア】

オンライン結婚式

ドローンを使った演出

VRやARを使ったサービス

二人の出会いをマンガにして配布

・コンセプトのあるデザインの結婚式(海賊風、アニメ風など)

ラスティー:特にオンライン結婚式を挙げた方は多かったですね!

まっきーな:マンガの配布は面白そうだね! 二人のことを理解しやすいし!

ラスティー:「普通とは違った結婚式を見たい」という声も多かったので、いわゆる結婚式の形式的な儀式には、飽きが来ているのかもしれませんね。

まとめ:結婚式とエンターテイメントの未来を考えよう!

ラスティー:もちろん結婚式は個人的なもので、身内間でのお祝いが大切ですから、無理に不特定多数に向けた演出をする必要はありません 💡

まっきーな:親戚のおっちゃんの長い話も、それはそれで「結婚式だなあ」って趣があるよね 😊

ラスティー:しかし今後、タレントによる私生活の番組化は進んでいくと思われますので、結婚式というイベントがエンタメとして注目される可能性も高いと思います。

まっきーな:全世界に配信して、がっぽりご祝儀をもらおう!💰

ラスティー:ただ、著作権の問題で式場で使った音楽をそのまま配信できないなど、対応が難しそうな問題もあります。

まっきーな:個人でやるには一回きり(原則…)だし、ここはプロデュースをする企業などに頑張ってもらいたいところですね!

ラスティー:ムービーやマンガなど、新郎新婦に感情移入が出来る準備があって、クオリティの高い催しがあり、自分も参加しているライブ感が味わえれば、結婚式が大衆向けのエンターテイメントとして成立するのではないでしょうか。

おまけ…

まっきーな:知人の結婚式にもう何度も出席してるけど、自分の結婚式は挙げたことのない立場で言わせてもらいたいんだけど…

ラスティー:はあ、何でしょう?

まっきーな:ご祝儀を払うじゃん。それはいいんだけど、離婚したらご祝儀が返ってくる「保険的なシステム」が欲しいっていつも思うわけ。🤔

ラスティー:(ケチくさ…)

まっきーな:倍率0.8倍とか、2.4倍とかオッズが決められていて、それを見てご祝儀を払うという感じで。

ラスティー:ギャンブルじゃないんだから!(笑)

まっきーな:そんなルールがあれば、離婚するケースも減るかなって思いまして。エンタメ性も上がると思わない?🤗

ラスティー:アイデアとしてはユニークですが、いろいろと問題が起こりそうですね…(笑)

この記事をシェアする

関連する記事