世界一美しい‼ドイツ『世界最古』のクリスマスマーケットを紹介!

世界一美しい‼ドイツ『世界最古』のクリスマスマーケットを紹介!

投稿者:さやちん

こんにちは、旅するライターのさやちんです。

いよいよ街もクリスマス色に染まってきましたね!( *´艸`)

日本でもおなじみになりつつあります『クリスマスマーケット』皆さんは行った事ありますか?
ヨーロッパ各地ではこの時期になると日本の夏祭りの屋台並びの如く、様々なクリスマスにちなんだ雑貨やアクセサリー、洋服や食べ物などのお店などが街の至る所に並び、ヨーロッパの街並みを彩ります。

(フランスパリ:公園のクリスマスマーケット)

(スぺイン・バルセロナ:町なかのクリスマスマーケット)

今回はそんなヨーロッパのクリスマスマーケットの中でも

世界最古で世界一美しいクリスマスマーケット

と言われておりますドイツ・フランクフルトのクリスマスマーケットに私さやちんが、昨年潜入してきたものを振り返りながらご紹介させて頂きます。

ADVERTISING

ドイツのクリスマスマーケットは世界最大規模でケタ違い!

ドイツでは年を通じてもっとも重要なイベントはクリスマスと言われております。12月25日のクリスマスの当日に向かう前の4週間の期間をアベントと言い、ドイツの人々にとって1年で非常に重要でお祝いムードに溢れる4週間となります。このアベントの期間に街を飾るイルミネーションは大変美しく、文字通りドイツの町中がクリスマス一色となるのです。

ドイツのクリスマスマーケットは、毎年約150か所で開催されます。マーケットは数十軒のものもあれば、数百軒も並ぶ巨大なものもあり、その中でも、私が行ってきたドイツ・フランクフルトのレーマー広場のクリスマスマーケットは世界最古(1393年以来) からの歴史があるとされており、毎年世界中から約300万人もの人々がこの為に訪れるそうです。

このレーマー広場はフランクフルトの旧市街地の中心部となっており、観光地でもあり現在でも市民の憩いの場となっております。

フランクフルトのクリスマスマーケットは町の中心でデパートやお店が集まるハウプトヴァへから街の南側マイン川沿いのマインカイまでという広いエリアで開催されており、装飾された綺麗な街並みを至る所で観る事ができます。その中でも際立って美しいのがレーマー広場で開催されているクリスマスマーケットのこちらの景色。

俗にいう『おとぎの国へ迷いこんでしまったかのよう』とはまさにこのこと…

言葉にできない程のメルヘンかつ美しい光景が目の前に広がります。(´∀`*)

お店の種類は様々で基本的にはクリスマスにちなんだグッズやお菓子などが並んでます。

自宅などに飾るクリスマスの装飾品などを売っているお店や…

子供が喜びそうなチョコレートやマシュマロなどのお菓子を売っているお店も!

さらにドイツならではのこんな屋台も。

さすが本場ドイツ、もの凄い種類のソーセージ!黒いのはなんじゃぁぁ( ゚Д゚)

そして、日が落ち夜暗くなってくると広場は更に賑わい、雰囲気もより幻想的に。(*”▽”)

ビューティフル…の一言に尽きるのです

まだまだ本場ヨーロッパの規模にはかなわないかと思いますが、日本でも徐々に浸透しており各地で開催されているクリスマスマーケット。よし、今年は今からでも海外でクリスマスマーケットに参加だ!というそんな超アクティブなあなたは是非、ドイツ・フランクフルトのクリスマスマーケットへ!

といっても、、そんな急には無理ですよね。(^_^;)

一度、クリスマスマーケットの雰囲気だけでも味わいたい~というあなた、朗報です!

私は以前、横浜赤レンガ倉庫で開催されてているクリスマスマーケットに行ったことがありますが、本場さながらの雰囲気でとても楽しめました。都内でもクリスマスマーケットを楽しめるスポットはたくさんありますので、興味がある方は是非下記リンクをチェックしてみて下さい!

都内近郊で開催されているクリスマスマーケットのまとめ。 (ozmallより)

https://www.ozmall.co.jp/xmas/xmasmarket/ 

それではみなさん、良いクリスマスをお過ごしくださ~い。

投稿者:さやちん(チームアミューズ ライター)

この記事をシェアする

関連する記事