COLUMN

自己肯定感を育む、ポジティブマインドのススメ

自己肯定感を育む、ポジティブマインドのススメ

投稿者:松村

こんにちは、ライターの松村です。

幸せに暮らしていくのに必要な物と言えば、まず最初に「お金」や「仕事」「愛」といったものを思い浮かべるという人は多いのではないでしょうか?

しかし、いかにお金や愛などで満たされていたとしても、何事もネガティブに考えてしまうタイプの人は、幸福感を感じにくくなってしまうものです。このような人は、満たされているのに、他人から言われたネガティブワードや態度などを気にしてしまい落ち込む時間が長くなってしまいがちです。

毎日を幸せに暮らすためには、自己肯定感が非常に重要なのです。今回は、そんな「自己肯定感を育むポジティブマインド」について解説していきたいと思います。

ADVERTISING

自己肯定感とは?

ここ数年でメジャーな言葉になりつつある「自己肯定感」という言葉ですが、まだまだ「何となくはわかる」というレベルの人が多く、その意味や重要性までは浸透していません。

自己肯定感とは、「自分という存在に意味がある」と感じられることです。

一般的に、欧米人は自己肯定感が高く、日本人は自己肯定感が比較的低いと言われています。確かに、欧米の人は、話し方一つとってみても自信が身体中に漲っているように見えますし、自分の価値観や信念をとても大事にしていますよね。

対して日本人は、他人との会話で相手の目を見れなかったり、会話の内容自体もどこか自信なさげに話をする人が多くいる傾向があります。自己肯定感という、「自分ならできる」という気持ちがあれば、他人の言動や態度、世の中の大変さも、頭の中でポジティブに変換することができるのです。

自己肯定感を育むためのポジティブマインド

実際に自己肯定感を高めていく為には、ちょっとした工夫とある程度の時間が必要になります。

その方法は大きく分けて2つあります。

① 自分というキャラクターを明確にする

自己肯定感が低い人は、意外と「自分自身がどのようなキャラクター」なのかを把握していないことが多いです。そもそも、自己肯定感の低い人は、「自分はダメな部分(ウィークポイント)ばかりだ」と決めつけて、「自分の良い部分(ストロングポイント)」すら押し殺してしまう傾向にあります。

このような状態のままでは、いつまで経っても自己肯定感を高めていくことはできません。まずは、自分自身の駄目な部分(ウィークポイント)や良い部分(ストロングポイント)を明確にすることです。ウィークポイントを自覚していれば、例え失敗したり落ち込むようなことが起きたとしても、「自分の苦手なことだったから仕方ない」「ウィークポイントを補う為にはどうすれば良いか?」を考えることができます。

そして、ストロングポイントを自覚していれば、自分にも価値があると思うことができ、自信を持つことができるのです。また、自分というキャラクターを明確にすることで、今後どういった部分を成長させていけば良いのかも明確になり、よりポジティブに物事を捉えることができるようになるのです。

② トライ&エラーを繰り返す

自己肯定感を高める為には、時間をかけて少しずつポジティブマインドを身に付けていく必要があります。日常で起こる全ての事象に対して、ポジティブマインドを意識してトライ&エラーを繰り返すのです。そして、そのトライ&エラーは、ノートなどに書いておき、後日しっかりと見返すのも効果的です。

例えばショッピングしていると時に雨が降り出したとします。
ネガティブマインドの人であれば、「予報では雨は降らないって言ってたのに」「本当に自分はアンラッキーだな」というようにネガティブに雨という事象を捉えてしまいます。

しかし、ポジティブマインドの人であれば、「雨がやむまで行ってみたかったカフェで美味しいコーヒーを飲もう」「この機会にオシャレな傘を買っちゃおうかな」というように、ポジティブに雨という事象を捉えます。

このように、生活の中で起こる全ての事象において、ポジティブに物事を捉えることができれば、それだけで心は軽くなり、前に進む気力が湧いてくるのです。自己肯定感に絞ったトライ&エラーであれば、仕事で新たな企画を担当して失敗に終わってしまった時に、「自分に実力がないから失敗したんだ」と考えるのではなく、「チャレンジしたことで更に成長することができた」というように考えるようにしましょう。

始めのうちは、なかなか自己肯定感の高い思考をすることができないかもしれませんが、日常の一つ一つの事象において肯定感にトライするという意識を持ち継続することで、次第に自己肯定感が高まっていくのです。

まとめ

今回は、『自己肯定感を育むポジティブマインド』についてお話させて頂きました。

もしも他人にネガティブワードを言われたり、ネガティブな態度をとられたとしても、自己肯定感が高ければ、「この人に認められるにはどうすれば良いのだろう」なとポジティブに捉えて前向きに進んでいくことが可能になり、落ち込みにくくなります。

実際に自己肯定感を高めていくためには、「自分というキャラクターを明確にする」「トライ&エラーを繰り返す」というような方法にチャレンジして、少しずつポジティブマインドに変えていきましょう。

笑顔でいれば、周りの人を笑顔にすることができるように、「自分には価値がある」とポジティブに考えることができれば、物事は少しづつうまく進んでいくはずです。

ぜひこの機会に自己肯定感を高めるチャレンジをしてみてはいかがでしょうか? 💡

この記事をシェアする

関連する記事