COLUMN

『アフターコロナにやってみたい企画』について話し合ってみた

『アフターコロナにやってみたい企画』について話し合ってみた

投稿者:ユージ

ユージ:先日、当社ライターのメンバー数人で、『新型コロナの騒動が落ち着いたら、どんな企画をやりたい?』という雑談…じゃなかった、リモートミーティングをしてみました。

ちゃんくみ:「予算があれば」「時間的に厳しい」という言い訳をさせてくれない、発想力が問われる雑談、、じゃなかったミーティングでしたね。

ユージ:以前にオリジナル趣味を発明するアンケートをやりましたが、あれと同じように実際にできたら面白いと思う企画の案を出してみました。

ちゃんくみ:基本的に予算と時間に制限はないって事でしたね。100万円でも1000万円でも使って良いと。💡

ユージ:その通りです、 面白ければなんでもOKです!

ちゃんくみ:「なんでもいいが一番難しい」と、メンバーからも文句がありましたが、なんだかんだで中々面白い案が出たようですね。

ユージ:文句を言いながらもノリノリだったライターメンバーの『アフターコロナにやってみたい企画アンケート』今回はその一部をご紹介させて頂きます!

ADVERTISING

① リモートで対戦する『にらめっこワールドカップ(団体戦)』を開催!

ユージ:年齢・性別に関係なく、5人のチームを作ります。画面には相手のメンバーの顔が、一定時間ずつ切り替わって表示されます。それを見て笑ってしまったら、相手にポイントが入ります。逆にこちらの顔で相手が笑えば、こちらにポイントが入るというシンプルなルールです。

ちゃんくみ:個人戦と違って、団体戦で大切なのはチームの連携なんですね。仲間の変顔を活かして、次に自分がどのような顔をすれば相手を笑わせられるのかを考られるかが重要ですね!🤣

ユージ:故意に相手の顔を見なかったり、焦点をずらすような不正を行った場合は、反則としてポイントをマイナスされてしまいます。

ちゃんくみ:さすが世界大会…厳正ですね。そして、試合終了のブザーがなったら、お互いに大笑いをして健闘を称えあうのがマナーですね。🤗

ユージ:というようなことを、やたら白熱して議論してしまいました。(笑)

ちゃんくみ:きちんとルールを作って、デモ対戦動画を公開して、あとは高額の賞金で釣れば結構盛り上がると思いますよ。(笑)

②料理のジャンルの枠を越えた『地球を代表するコースメニュー』を作ってみる

ユージ:日本料理やフランス料理、中華料理など、それぞれにコースメニューはありますが、ジャンルを越えてのコースメニューは存在しませんよね。

ちゃんくみ:そりゃもちろん、調理方法も材料も文化だって違いますからね。🤔

ユージ:そこで、それぞれのジャンルの一流シェフを集めて、たった一つの地球を代表するコースメニューを作ろうという企画です。もし、宇宙人が遊びに来たら、これを出しておけば地球の食文化を伝えることができます!ってくらいの。

ちゃんくみ:例えば、一品目がフレンチ、二品目が中華、3品目メキシコ料理、4品目が和食、メイン料理でイタリアン、ご飯ものがインド料理、デザートで台湾スイーツ…みたいな? これ、めちゃくちゃになりそうな予感しかないんだけど。(笑) 

ユージ:大丈夫です! 一流のシェフたちが、お互いのジャンルをリスペクトしあって、ジャンルの枠を越えたコースを検討するのですから、きっと素晴らしいメニューになるはずです。💡

ちゃんくみ:まさに地球料理というわけだね。🌎

③1万円札をつなぎ合わせて作った服で「Take free」を掲げて街中を歩いてみる企画

ユージ:帽子やコート、ズボンや靴もすべて1万円札で作るそうですよ。ドル紙幣をデザインした洋服が見つかりましたので、参考に貼っておきます。

(画像引用元)
https://shop-list.com/women/decorative/6da102/

ちゃんくみ:これを一万円札でやるの? 😂

ユージ:はい、全身くまなくです。肌がかぶれないか、ちょっと心配ですけどね。そして、街中でいわゆる「Free Hug」的な感じで、Take free(ご自由にとって下さい)を掲げて歩いて回ります。

ちゃんくみ:肌の心配より、身の安全を心配した方がいいでしょ!(笑)

ユージ:実施するのはパターンを分けて「一般人」「美女orイケメン」「ブ男orブ女」「めちゃくちゃいかついおじさん」という感じて様々なパターンを試してみます。そして、どれが一番早くお金を取られるのか、あるいは取られないかを検証するのです!

ちゃんくみ:これはなかなか興味深い。(笑) 人間の心理的にそれぞれのパターンがどの様な結果になるのかめっちゃ気になる! 私だったら怖い人以外は速攻で取りにいくけどね。🤣

④ぼったくりバーの請求を盛大に気持ちよく支払い続けてみる企画

ユージ:これは私の案ですが、噂のぼったくりバー的な場所に潜入して、そういった不法な行為を撲滅させるという企画ですね。

ちゃんくみ:最近よくYouTubeでも見かけますよね、この手のシリーズ。正直もう二番煎じどころじゃないですし、今さらやっても面白くなくないですか?🤔

ユージ:そうですね、通常はその法外な請求に対して理路整然と言い返したり、あるいは腕っぷしの強い人が喧嘩腰に対抗して支払いを拒否したりと、最終的には頑なに「支払わない」という結果で終わる事が多いこの手のシリーズですが、この企画では普通に支払います。というより、思いっきり気持ちよく「盛大に支払い」ます。

ちゃんくみ:いや、盛大に支払うってどういう事よ?(笑)

ユージ:公衆トイレなんかで、こんな張り紙見た事ありませんか? 『いつもトイレを綺麗に使用頂き有難う御座います』ってやつ。あれって、以前は『トイレを汚さないで下さい!』って張り紙が多かったんですよね。でも中々改善されなくて、その後『いつもトイレを綺麗に使用頂き有難う御座います』という張り紙に変えたら全国的に改善されるところが増えていったとか。

ちゃんくみ:あー、ありますよねトイレの張り紙。で、それと何の関係があるの?😅

ユージ:あの心理作用を利用するのです! 通常、不当な請求をされた時に「こんなの払えませんよ!」となりますが、本企画では以下の様に対応します。

(ウェイターよりぼったくり請求書を受け取る…)

当社スタッフ「えーー!! 何この価格、おかしくないですか!!」

店員「いえ、当店ではそれが通常の代金となります」

当社スタッフ「いや、これ、、、」

めっちゃくちゃ安いじゃないですか!

店員「え…そうですか」

当社スタッフ「ありえないですよ! いや、本当に有難うございます!こんな安いとは思わなかったんで。すみません、せっかくなのでもっと飲んでいきます!」

ユージ:といった具合でお店の料金システムにあえて「全のっかり」して、さらにべた褒めしまくって、その後もお店に居座り続けます。😏

ちゃんくみ:うわ、なんかエグイw

ユージ:そして、その後も「いやー、こんな良心的なお店は中々ないですよ!店長さんにもぜひ挨拶させて下さい。」「ちょっと他の仕事仲間なんかにも紹介したいので名刺いただけますか?」「今から友達呼びますね(実際に呼ぶ)」とノリノリで気持ち悪いほどに良いお客様として対応を続けるのです。

ちゃんくみ:皮肉たっぷりな感じだね (笑) でもさすがにそこまでされると、お店側の方も気持ち悪くなってくるだろうし「何かやばいかなこれ?」って勘ぐったりしそうですよね。

ユージ:はい、でもこちらはきちんと請求通りのお金を払いますし、なんならチップも渡したりします。そして、その調子で次の日も、また次の日もお店に同じ調子で来店するのです。😊

ちゃんくみ:怖ー!(笑)

ユージ:「いつも有難う御座います😊」と皮肉たっぷりに言い続けて、どのタイミングでお店側が、どの様な対応をするのか? それを本企画では実験的にみていこうというものです!

ちゃんくみ:なんか急に休業したり、それかお店を出禁になったりするのかな、何かが起こるのが怖くて。(笑) いずれにしても中々例を見ない、『あえてのぼったくられ企画』ですね!

⑤100万円をあげるから「私のためになにかをしてください」

ユージ:100万円をあげる代わりに、その人が「自分になにをしてくれるのか」をレポートしていく企画です。

ちゃんくみ:え、じゃあ私にちょうだいよ! 毎日肩もみをして、いくらでもお世辞を言ってあげるから!

ユージ:とは言っても、死ぬまで肩もみとお世辞を続けるわけにはいきませんよね。どこかで「もう100万円分は尽くしてあげたかな」と、辞めるタイミングが出てくるはずです。

ちゃんくみ:そりゃまあ、そうだよね。🤔

ユージ:人によっては「100万円でそこまでしなくても」という人もいるでしょうし、ほとんど何もしない人もいるかもしれません。そこを観察していこうという企画です。💡

ちゃんくみ:100万円もらうかわりに、相手になにをしてあげるか、か……。そういわれてみると、かなり難しいかも。これって「自分の価値をどのくらいで見ているか」の指標が目安になりますよね。例えば、毎日暇なニートとめちゃくちゃ生産性の高いビジネスマンだったら、時給換算した時の時間的な価値に差が出ますもんね。

ユージ:そうです、そういった人達が100万円と自分自身の価値をどのように評価して、人にどこまで何を与えるのか。こちらもそういう意味では社会実験的な感じの企画ですね!😄

実際に見てみたい企画はありますか?

ユージ:今回は予算などに特に制限を設けてなかったんですが、割と実現できそうな企画が多かったですね。

ちゃんくみ:え、そうですか?(笑) 割と危険なやつ多かった気がしますけど。😂

ユージ:今回出てきた企画の中で、ちゃんくみの一押しはどれですか?

ちゃんくみ:新型コロナで、リモートでの通信やコミュニケーションが増えているから、世界にらめっこワールドカップのようなイベントは盛り上がると思うな。なんかこういったリモート○○大会的なやつはできたら開催してみたいですよね。

ユージ:私は地球料理のコースメニューを食べてみたいですね。和食が出るのかフランス料理が出てくるのか、次の料理が楽しみでめちゃくちゃテンション上がりそうです。(笑)

ちゃんくみ:リモート会議(ただの雑談) でも結構面白いアイデアが出てくるもんですね。💡

ユージ:こちらの記事を読んでくれている方で「これは実際にやってみてほしい」というものがありましたら、ツイッターなどでメッセージをくださいね。もしかしたら、実現に向けて動くかもしれません。😏

この記事をシェアする

関連する記事