NEWS

コロナ禍で需要が高まりそうな資格とは?

コロナ禍で需要が高まりそうな資格とは?

投稿者:松村

こんにちは、ライターの松村です。

新型コロナの影響により、在宅での時間が多くなった事で、この機会を活かし自身の専門分野以外の勉強を始めたり、資格の取得を行いスキルアップを図る方が増えている様です。

今回は、コロナ禍の中で注目される資格についてご紹介させて頂きます。

ADVERTISING

コロナ禍で注目が高まりそうな資格とは?

テープ起こし技術者資格

今までもこれからも、データで取り込む仕事は必ず需要があると言われています。これからはコロナで会社での仕事が以前の様にできなくなるかもしれません。渡されたデータをもとに一人でも家で出来るこの資格は、これから非常に有用との見方もあります。

ファイナンシャルプランナー

新型コロナの影響を受けている業種に勤める人は、将来に不安を感じ、少しでも支出を抑えるため、年金、保険など月々の支出のbetterな選択を欲しています。この月々の支出の専門家がファイナンシャルプランナーです。ファイナンシャルプランナーの仕事は、在宅でもできる強みもある事から今注目されています。

日商簿記検定

コロナの影響で不景気になり、本業だけでは生活が難しくなっていくと言われています。そのため、在宅時間を生かした副業が増え、個人事業の方の場合、確定申告、青色申告ができれば税金面で優遇されるなどの場合もあります。確定申告は、毎年の事ですから簿記の知識を身につける事で、正しく有効的なお金の管理が可能になります。

電気通信の工事担当者

インターネット環境が必要不可欠な社会の中で、このインフラを維持するために、各事業者へはインターネット回線を維持するために、電気配線の設備を準備・メンテナンスをせざるを得ない状況です。一般的にメーカー系(シスコシステムズ、マイクロソフトなど)の資格は、最近値上がってきている様で、高くなってきています。電気通信の工事担当者は国家資格であり、10,000円以下で受験できます。また、合格すると工事の仕事も始めることが出来ますので、費用対効果は高いといえます。

各種施工管理技士

コロナ禍によりテレワークなどが増加しても、建設工事などの現場作業は必要であり、なくなる事がありません。その為、建設現場などで必要とされる管理技術者は重宝され、国家資格であるので信頼性も非常に高いと言えます。

この資格の特徴は現場作業の知識だけでなく設計業務の知識も求められるので、建設工事などがなくても設計業務でも力を発揮することができます。その為、設計業務はテレワークで行い建設工事の時だけ管理技術者として出向するという、柔軟な働き方が可能となる資格なのも良い点です。会社からも、施工管理技士の資格を持っている社員がいると、公共工事の入札の際に若干有利になるとも言われており、今後はさらなる需要が見込まれる資格と言えます。

中小企業診断士

中小企業診断士は経営コンサルタントとして唯一の公的資格であり信用力があります。新型コロナによる経済への影響で、従来のビジネスモデルの緩やかな廃業・更生、新たなビジネスモデルの創出、どちらにも力を発揮できる資格で、需要が見込まれています。

看護師

元々需要の多い看護師の資格ですが、昨今では介護の現場でも看護師の資格を持った方の需要が多くあり、コロナ渦も合わせて今後需要がさらに高まると見られています。

税理士

コロナで多くの業種が経営に影響を受け、特に内部留保が少ない中小企業は深刻です。少しでも有利な補助金、税金上の情報を欲しがっています。税理士は会計士と異なり、中小企業に深くかかわっており、その相談相手として大きな役割をはたしています。また、税理士は仕事をする上で在宅でもある程度のアドバイスができ、今後さらなる需要が見込まれると言われています。

新型コロナによって変化しない業界と、変化によって大きく需要が見込める業界の資格には今後も注目が集まりそうですね。転職や考えている方やこの機会に新しい資格の取得を試みようとしている方は、ぜひ参考にして頂ければと思います 💡

以上、「コロナ禍の中で注目される資格」をお送りいたしました!

この記事をシェアする

関連する記事